セキュリティ専門誌 ScanNetSecurity 媒体資料 Web版

(2020年10 - 12月版)

更新履歴・広告掲載のおしらせ(一部)

・2020年10月7日:前月2020年9月のPVとユーザー数更新、10-12月期媒体概要公開

・2020年10月6日:記事タイアップ掲載(テーマ:多要素認証、リモートワーク、証明書)

・2020年10月6日:記事タイアップ掲載(テーマ:エンドポイント、高速資産管理)

・2020年10月5日:記事タイアップ掲載(テーマ:NGAV、EDR、SOC、ニューノーマル)

・2020年10月1日:記事タイアップ掲載(テーマ:DX、APT、NISTフレームワーク)

・2020年9月30日:記事タイアップ掲載(テーマ:フィンテック、CISO、クラウド)

・2020年9月16日:記事タイアップ掲載(テーマ:電子決済、PCIDSS v4.0)

・2020年9月7日:記事タイアップ掲載 (テーマ:AI、EDR ほか)

・2020年7月30日:記事タイアップ広告に関するユーザー企業の感想が掲載されました(タイアップを検討の方は、記事「セキュリティの業務にこそ心理的安全性を」の記事中盤部分「記事を通してその会社のカルチャーが見えてくる」ご参照下さい)

 

 このページは、サイバーセキュリティ専門ニュース誌 ScanNetSecurity の公式Web版媒体資料です。前の月の最新 PV やユーザー数集計をはじめとして、読者属性、代表的な広告商品を紹介します。

 

 ScanNetSecurity は人によって「スキャン」「スキャンネット」「ネットスキャン」などいろいろな呼び方をされますが正式名称は「スキャンネットセキュリティ」です。ScanNetSecurity は Yahoo! Japan 他のポータルサイトへニュースを配信しています。セキュリティ製品やサービスの、ハードコア実務家、専門家、経営管理層への認知度向上にご活用ください。(※ RSS はこちらYahoo! Japan版 RSS)、ScanNetSecurity有料版詳細はこちら )

 

 ご質問やお問い合わせはこのページの下にある問い合わせフォームかまたは>>PDF詳細資料ダウンロード」の最終ページにある電話番号(不在時はメッセージをお残しください)や宛先へご連絡ください。詳細は「>>PDF詳細資料ダウンロード」をご確認下さい。

 

 日経BPITmedia@ITキーマンズネットマイナビ翔泳社 と違う媒体をお探しのセキュリティ企業の広報担当者の方、どうぞご検討下さい。

 

◆最新 前月 ScanNetSecurity 主要媒体指標

 ScanNetSecurity の先月 2020 年 9 月の PV、UU は下記の通りです。

 

 ページビュー:25万 5,014  PV /月

 ユーザー数   :12万 6,308  /

 公式Twitter:9,206フォロアー(10/7時点)

 

 ※集計期間   :2020年9月1日 ~ 末日

 

 内訳は、PC が 16 万 8,288 PV、68,565 ユーザーで、スマートフォンが 8 万 6,726 PV、57,653 ユーザー でした。

 ページビューのPC:スマホ比は約 2:1 です。これは職場あるいは自宅勤務中の PC からアクセスする法人内個人の読者が多いためです。

◆ScanNetSecurity読者プロフィール

 平均的な ScanNetSecurity 読者像は「40歳代」「大企業に所属」「技術・専門職・経営管理層」として、「責任ある役職」につくビジネスパーソンです。 

 読者の 3 分の 1 が 1,000 名以上の企業規模です。

 1 万名以上の企業は約 13 %です。 

 

 ソフトウェア、情報処理、その他情報サービス、電気、電子製品、コンピュータ、通信機器が約 2 分の 1 を占めます。 

 

 25 %、4 分の 1 が情報システム部門。

 プログラマー、開発などの「技術/設計」が 13 %

 各種専門職が 10 %。

 

 

 42 % が管理職(主任/係長、課長、部長)です。

 1 割が経営者・取締役 

 実務・現場責任者・部課長世代の 30 歳代 ~ 40歳代が過半数の 56 %。読者の約 4 割が管理層世代の 40 歳代です。 

 

 東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とした関東圏が約4分の3大阪・愛知がそれぞれ約5%を占めます。 

  

 「ScanNetSecurity読者=100 %男性」ではありません。 

 

◆運営企業 株式会社イード会社概要

 ScanNetSecurity は株式会社イード( Wiki )という会社が運営しています。

 

 イードという社名は、イスラム教の祝日「イード・アル=フィトル」とは全く関係が無くInterface in Design」という良質なユーザー経験を標語化した言葉の頭文字をとった略称です。

 

 イードは ITカーライフ映画ゲームアニメ教育・受験芸能ニューススポーツマネーライフクロスワードパズルショップ情報メディア研究など多数の媒体を保有する、よく言えば「ニッチメディアコングロマリット」です。

 

 設         立:2000年4月28日

 所  在  地  :東京都新宿区西新宿2丁目6番1号

 資  本  金  :8億7,381万1千円(2019年12月末日現在)

 上 場 市 場:東京証券取引所 マザーズ (証券コード:6038)

 代表取締役宮川 洋

 事 業 内 容:メディア、リサーチ、WEBサービス、システム、出版

    会社概要(公式サイト)

◆ScanNetSecurity とは

1998年 日本初のセキュリティ専門誌として創刊

 

・現役ハッカーが編集長、サイバー攻撃を行う攻撃者視点の誌面作り

 

・企業内個人向け B2B 媒体

 

・ScanNetSecurityは創刊から有料会員制で運営

 

セキュリティ情報にお金を払うハードコアビジネスパーソンを組織化

 

・「楽しい情報」でも「役に立つ情報」でもなくセキュリティ担当者や情報システム部門が事業継続に関わる重大事故・事案が発生した際に「知らなかったではすまされない、責任を問われる」クリティカルな情報を提供

 

記事配信先

Yahoo! Japan

NewsPicks

楽天Infoseek

Excite 他

 

ScanNetSecurity RSS

 

プレスリリース受付窓口

release@netsecurity.ne.jp 

◆ScanNetSecurity 編集長 上野 宣 略歴

上野  宣(うえの せん)

 

・ 1975年、京都府出身

 

・ 奈良先端科学技術大学院大学 博士課程前期 修了

 

・ 株式会社トライコーダ 代表取締役

 

・ 国際非営利団体 OWASP Japan チャプターリーダー

 

・ 一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会 GM

 

・ 情報処理安全確保支援士 カリキュラム検討委員会・集合講習 講師

 

・ Hardening Project 実行委員

 

・ SECCON 実行委員

 

・ 一般社団法人日本ハッカー協会 理事

 

・ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会向け実践的演習「サイバーコロッセオ」推進委員

 

 

・ 翔泳社「今夜わかるシリーズ」「HTTPの教科書」他9冊の著書を刊行 ( 全て単著 )

 

・ 発売 3 年で改訂 2 版が刊行されたベストセラー「脆弱性診断スタートガイド」はサイバーセキュリティ先進国の韓国・中国で翻訳される

 

5 歳でプログラミングをはじめ、奈良先端科学技術大学院大学在学中にベンチャー企業設立に携わる

 

・2006年 株式会社トライコーダを設立し代表取締役就任

 

脆弱性診断、ペネトレーションテスの熟練高度技術者

 

・一年のうちのべ2ヶ月間は世界各地のセキュリティ専門カンファレンスを取材

 

「セキュリティを若者の憧れの職業にする」を目標として、現在約3割の時間を非営利活動に投入、日本のセキュリティの裾野拡大と底上げのために活動

 

・2010年 ScanNetSecurity 編集長就任

 

2017年 「強いリーダーシップでプログラムやプロジェクトを遂行し、情報セキュリティの改善と向上に顕著な功績を残した」として、世界最大の IT セキュリティ組織 (ISC)² から  第11回 アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント (ISLA) を受賞

 

2019年 「脆弱性診断のプロフェッショナルとして多数の著書を執筆されていることに加え、技術者のスキルマップと学習の指針となるシラバス、脆弱性診断を行うためのガイドライン、Webアプリケーションを安全に構築するために必要な要件定義書の整備等を通じ貢献されている他、若年層の情報セキュリティ人材を発掘・育成する「セキュリティ・キャンプ」においては、講師主査、ステアリングコミッティGMとして同プロジェクトを牽引するなど、わが国における情報セキュリティ分野の啓発・人財育成に広範な寄与」として、情報セキュリティ大学院大学 第16回 情報セキュリティ文化賞を受賞

 

「ハッカー」という肩書でのタモリ倶楽部出演の野望を持つ

◆ScanNetSecurity 取り扱いニュースカテゴリ

◆広告商品紹介「タイアップ記事」

 ScanNetSecurity は広告記事が記事閲覧ランキング上位常連の稀有な媒体

 

 予定調和記事ではなく、綿密な取材を実施

 

 編集記事と同様のコストとスタッフで、製品やそれに携わる人物・歴史・社会課題を深く掘り下げ、読みごたえあるタイアップ記事を製作

 

 自社の企業文化と、その製品及びそのセキュリティ企業が適合するかどうかの検討材料として精読される

 

これまで掲載したタイアップ記事

 

◆広告商品紹介「バナー広告」

 スーパーバナー

 

 728px × 90px(JPEG 100KB内)

 トップページ、記事面共通

 想定150,000 imp/月

 掲載期間保証型

 25万円/月

 

 レクタングル

 

 300px×250px(JPEG 100KB内)

 トップページ、記事面共通

 想定150,000 imp/月

 掲載期間保証型

 15万円/月 

 ※料金ネット表記※

◆広告商品紹介「メールマガジン広告」

 リスクがない「枯れた地味な技術」であるメールマガジンは技術者層・主要読者層に人気が高い。

 

セミナー集客等に実績。

 

メルマガ貸切増刊号 ・・・ 30万円 / 回

 

メルマガ五行広告 ・・・ 20万円 / 3回 ※料金ネット表記※

 

◆よくいただくご質問

Q: メルマガ広告の配信日はいつですか?

: 五行広告を掲載する通常配信のメールマガジンは毎週月曜日(お盆や年末年始等特別休刊日があります)です。メールマガジン増刊号は任意の日時をご指定可能です。

 

Q: 広告クリエイティブの入稿期限はいつですか?

: 五行広告、メルマガ貸切増刊号は配信日の 3 営業日前の 15 時までに、Webバナー広告は配信日の 9 営業日前の 15 時までにお送りください。

 

Q: 成果保証型のサービスはありますか?

: 対応しておりません。

 

Q: リード獲得型サービスを広告代理店経由で利用できますか?

: 対応しておりません。

 

Q: セグメントを絞った配信はできますか?

: 対応しておりません。ScanNetSecurityは「大企業のセキュリティ担当者・実務責任者」というセグメントがすでになされているとご理解ください。

 

Q: ホワイトペーパー等のダウンロード数の推定を事前に知ることはできますか?

: ご提供予定の資料を拝見できれば目安の数字をお伝えいたします。

 

Q: メルマガ広告で「従業員数」「職種」「業種」などのセグメントをかけて配信することはできますか?

 対応しておりません。ScanNetSecurityは「大企業のセキュリティ担当者・実務責任者」というセグメントがすでになされているとご理解ください。 

 

Q: 媒体資料にない面白いメニューはありませんか?

 面白いメニューはすべて媒体資料に記載するようにしておりますが、商材や企業さまの個性に応じてご提案内容はさまざまです。詳細等ヒアリングのお時間をいただけましたら幸いです。

 

Q: グロス表記のPDFの媒体資料はありませんか?

 ご連絡いただけましたら PowerPoint ファイルを提供申し上げますので御社手数料を自由に加えて修正いただきご報告(事後可)ください。

 

Q: ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)でのリード獲得を実施することは可能でしょうか?

 対応しておりません。ScanNetSecurityはABM施策を、読者のプライバシーを侵害あるいは毀損する可能性がある活動と懸念しております。

 

 

 

◆お問い合せ

必要項目をご記入いただき、下記記載の「個人情報の取扱いについて」の記載内容に同意のうえ送信下さい。

メモ: * は入力必須項目です

【個人情報の取扱について】

株式会社イード(以下、弊社という)はお客様の個人情報をお預かりすることになりますが、そのお預かりした個人情報の取扱について、下記のように定め、保護に努めております。

 

【利用目的】
 お問い合わせへの回答の為。

 

【第三者への提供】
 弊社は法律で定められている場合を除いて、お客様の個人情報を当該本人の同意を得ず第三者に提供することはありません。

 

 【個人情報の取扱い業務の委託】

弊社は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しており、業務委託先に対してお客様の個人情報を預けることがあります。
この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

 

【個人情報提出の任意性】

お客様が弊社に対して個人情報を提出することは任意です。
ただし、個人情報を提出されない場合には、弊社からの返信やサービスの実施ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

【個人情報の開示請求について】

お客様には、貴殿の個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止および利用又は提供の拒否権を要求する権利があります。
詳細につきましては下記の窓口までご連絡いただくか 「個人情報の取り扱いについて」をご確認ください。

 

お問合せ先:個人情報問合せ窓口
e-mail : Xprivacy-admin@iid.co.jp (先頭のXを除いたアドレスとなります)
個人情報保護管理者:人事総務部長